ヒアリングを開催

民主党宮崎県連・陳情要請対応本部(本部長・川村秀三郎衆院議員)は7月20日、県連事務所で都城市志布志道路建設促進協議会(会長・長峯誠都城市長)からの陳情要請ヒアリングを開催しました。
ヒアリング風景

協議会を構成する都城市、鹿児島県曽於市、志布志市の各市長、各市議会議長などの参加者との意見交換を行いました。
意見交換
対応本部の田口雄二事務局長(県議・延岡市選挙区)は、「地域高規格道路・都城志布志道路の早期完成は、宮崎県連の重点政策項目である。地域への波及効果、社会資本整備が大きく立ち遅れている宮崎・鹿児島両県民に早期完成に寄せる強い思いがあることも十分理解している。」と今後も協力して党本部、政府への働きかけを強化するとの認識を示しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">