党本部の重要会議が続々開催

 民主党本部の全国幹事長・選挙責任者会議が12月14日、東京都千代田区の民主党本部で開催され、田口雄二代表、渡辺創幹事長が出席しました。  同会議では、来年2月に福島県郡山市で開催予定の定期党大会に向けて、地方組織強化に関連する党規約の見直し方針が示されたほか、次期統一地方選に関する候補者の擁立方針などが議論されました。  また、17日には東京都千代田区内で「民主党自治体議員局」役員会が開かれ、九州沖縄ブロックを代表して副局長に就任している渡辺幹事長が出席。自治体議員団が協力して、地域における政策の発信を行うとともに、一致団結して統一地方選を戦い抜く方針が確認されました。

コメントは受け付けていません。