都城市議選に向け、公認の児玉市議が事務所開き!

 来月19日告示、26日投開票の都城市議会議員選挙に向け、民主党宮崎県総支部連合会が公認する児玉優一(こだま・ゆういち)氏が12月23日、都城市平塚町に後援会事務所を開設しました。

 同日行われた事務所開所式には、支援いただく地域の方々や後援会員、九州電力労組関係者らが参加。児玉氏は「これまでほとんどの機会に一般質問に立ち、全力で議会活動に取り組んできた自負がある。しかし選挙は別物というのも現実。さらに支援の輪を広げてほしい。合併後の都城市に様々な声があるが、前進する都城を築くために尽力したい」とあいさつしました。

 宮崎県連代表の田口雄二県議も「衆参両選挙で国会議員を失って、最初に迎える地方選。豊富な経験を持つ児玉議員を必ず再選させなければならず、県連としても全力を投じる」と力を込めました。開所式には、田口代表のほか、幹事長・渡辺創、副幹事長・井上紀代子両県議、選対委員長の黒木通哲宮崎市議も出席しました。

 児玉氏は九州電力労組出身の56歳。同市議会副議長や民主党県連副代表などを歴任しており、今回が7期目(合併前の旧市時代を含む)への挑戦です。今後の活動については、同後援会事務所(℡.0986-46-6312)にお問い合わせください。

 

コメントは受け付けていません。