党本部定期大会が無事に終了!

                       民主党本部の2014年度定期党大会が2月9日、記録的な大雪となった福島県郡山市のホテルで開催され、宮崎県総支部連合会から代議員として田口雄二代表と渡辺創幹事長が参加しました。

 大会では、本年度の活動方針案と昨年度決算案、本年度予算案が承認され、地方組織に関係する党規約改正として①地域に根差した活動を強化するため、候補者の落選等により県連代表が暫定総支部長となっている衆議院総支部(※宮崎県の場合は1区、2区。3区総支部閉鎖中)に、県議等による総支部長代行を設置②県議・市議を中心とした行政区支部の設立要件緩和等が決定しました。党大会の詳細については、次号のプレス民主をご参照ください。

 大会に先立った全代議員大会では、渡辺創代議員(幹事長)が地方の実情等を発言。国会議員を失った地方組織の立て直しのための具体的提案を行いました。なお、大会と関連会議には、男女共同参画委員会、青年委員会オブザーバーとして、井上紀代子、本部仁俊副幹事長も出席しました。

 今回の大会は、被災地復興の観点から同市で開催され、物産品の販売や交流事業、現地視察も組み込まれたほか、大会のオープニングやエンディングでは、子供たちや地元アーティストによるステージも行われ、民主党の再起をかける力のこもった大会となりました。

コメントは受け付けていません。