5月27日、連合宮崎「ストップ格差社会!」集会で黒木副幹事長があいさつ

 連合宮崎(佐藤真会長)主催の「ストップ格差社会!暮らしの底上げを実現」街頭集会が527日、宮崎市のJR宮崎駅西口ロータリーで開催され、民主党宮崎県連を代表し、副幹事長の黒木通哲宮崎市議が出席しました。

 この集会は、労働環境改善の必要性を強くアピールする狙いで、東京・日比谷野外音楽堂をはじめ、全国47都道府県で同時刻に開催。同駅西口の複合施設「KITEN」の街頭ビジョンには、日比谷野外音楽堂で挨拶する連合・古賀伸明会長の映像が映し出され、「労働基準法をはじめとする労働者保護ルールは、働く者が人たるに値する生活をはぐくむための最低限のルール。労働者派遣法の改悪審議を含め、世論をバックにあらゆる手段を駆使し、働く者の団結でこれらを断固阻止しなければならない」と呼びかけました。

 あいさつに立った黒木副幹事長は「現政権の政策では、非正規の労働者が増加し、格差がますます広がってしまう」と安倍政権を批判。「安心して暮らせる社会をつくるため、真面目に働く労働者が報われる制度を構築しよう」と訴えました。

 会場には加盟組合員ら約100名が集まったほか、夕刻の帰宅時間と重なり、同駅を利用する多くの会社員や学生が足を止め、主張に耳を傾けていました。 

コメントは受け付けていません。