5月16日、沖・九ブロック青年委総会に富井市議が参加

 「民主党沖縄・九州ブロック青年委員会」の2014年度定期総会が516日、熊本県熊本市のホテルで開催され、宮崎県連からは青年局長の富井寿一日向市議が出席しました。宮崎県連は現在、同ブロック青年委員会の事務局を拝命しており、富井局長が同ブロック事務局長を務めています。

 同日は総会に先立ち、「九州沖縄地区JA青年農業者代者」との意見交換会を開催。JA青協側からも12名が参加し、活発な意見交換になりました。

 民主党本部からは、農林水産員会で筆頭理事を努める大串博志衆議院議員(佐賀2区)が出席。安倍政権が進める農政改革の問題点や、民主党が進めてきた戸別所得補償制度などの農業政策について説明しました。

 また、JA熊本青協の善積智晃委員長は「地域農業を守っていくためにも、私たちの声を少しでも聞いてもらえる場を設けていただき有難い。立場は違うが同じ世代として共に頑張ろう」とあいさつ。JA青協の基本的な考え方や行動目標などを記した「ポリシーブック」を説明し、若手生産者の抱える実情を訴えました。民主党青年委員会では農業団体のほか、日弁連など様々な青年組織との交流を強化しています。

 総会には、6県連から11人の役員が参加。沖縄・九州ブロックの本年度の活動計画を協議し、来年春の統一地方選を見据え、一人でも多く青年局議員を増やすため選挙対策勉強会や街頭演説などの活動支援を展開していくことを決定しました。

 

コメントは受け付けていません。