3月23日、海江田代表が宮崎でTM開催

 民主党本部の海江田万里代表が323日、宮崎に来県しました。海江田代表の来県は、昨年のゴールデンウイーク以来。23日は県連大会終了後に『海江田万里と語ろう!民主党タウンミーティング』を開催。約100名の民主党員・サポーターと語り合いました。

海江田代表は「民主党の再生のためには自治体議員をはじめ、一人でも多くの仲間を増やすことが重要」とし、2015年の統一地方選挙の重要な意義を説明。国会情勢や非正規労働者が抱える雇用問題などについて民主党の基本的な考え方を説きました。

参加者からは地域活性化のための特区制度活用や雇用問題、教育・子育て、安全保障などの質問が出され、海江田代表は持論を交えながら意見交換しました。詳細については、次号プレス民主(党本部版)で紹介される予定です。

コメントは受け付けていません。