県連幹事会を15日に開催しました!

 民主党宮崎県連は12月15日、宮崎市太田の県連事務所で第102回県連幹事会を開きました。来年1月に迫る都城市議選の支援態勢を確認したほか、3月後半予定の県連大会など来年のスケジュールを調整しました。  また来年12月に予定される県知事選などについても情勢報告、意見交換を行い、引き続き協議することを決定しました。

null<

特定秘密保護法案の反対活動続く!

 民主党宮崎県総支部連合会は今国会の焦点となっている特定秘密保護法案に反対する街頭活動を続けています。宮崎市中心部の山形屋前交差点での朝の街頭は、平日は午前7時50分から8時20分まで毎日継続しています。

 また30日(土曜日)は、県北地域での街頭キャラバンを組み、延岡市、門川町、日向市などで街頭演説を行いました。その様子を簡単なスライドにまとめてありますので、ご覧下さい。

http://youtu.be/Bo2GQiz2MJQ

でご覧いただけます。

 

緊急街頭 特定秘密保護法案反対で街頭活動!

 民主党宮崎県総支部連合会は11月24日、宮崎市中心部の山形屋前交差点で「特定秘密保護法案」に反対する街頭演説を行いました。民主党本部国民運動委員会の要請に呼応した取り組みで、民主党の対応について多くの県民に理解を呼びかけるとともに、法案の危険性を指摘しました。

 街頭活動には田口雄二代表(県議)、渡辺創幹事長(県議)、黒木通哲、黒川正信、郡司敏計各宮崎市議が参加しました。

 弁士に立った渡辺県連幹事長は、自公与党とみんなの党、日本維新の会の修正協議が不十分な内容であることを指摘し、「穴だらけの法案がなし崩しの拡大解釈や恣意的な運用を招く」との懸念を示しました。新法案の成立を急ぐ政府与党の対応についても「国家公務員法や自衛隊法など一定の機密保護法制が整備されている中で、採決を急ぐのは不可解。十分な審議を行うべきだ」と主張しました。

 また民主党の対応についても、衆院において対案5法案を提出した経緯や、その主張が取り入れられなかったことを踏まえ衆院採決で反対することを説明。法案採決が近づく状況を受け、有権者の関心は高く、多くの方々にプレス民主号外を受け取っていただきました。

 街頭は25日(月曜日)朝も7時50分から山形屋前で行います。

自治体議員研修会を大分、福岡で開催!

宮崎県連自治体議員ネットワーク(世話人・渡辺創幹事長)は11月19、20日、大分、福岡両県で調査研修を行いました。同ネットワークは、県連所属もしくは友好関係にある地方議員で構成しており、今回の研修には議員7名が参加しました。
 今回の研修は、平成27年度完成が予定されている東九州自動車道の現状を的確に把握したうえで、今後の可能性を探ることが狙いでした。まずNEXCO西日本中津工事事務所が整備する福岡県築上町~大分県宇佐間でスマートICや大規模盛土箇所など4地点を視察し、担当者から整備状況を聞き取りました。その後、福岡県内に移動し、民主党福岡県連の北九州議員団と意見交換。高速開通後を見据え、北九州都市圏と宮崎間での物的、人的交流のあり方や可能性について議論しました。20日は、高度経済成長期の公害問題を克服し、環境都市としてのイメージを確立している北九州市の施策を学ぶため、北九州エコタウンセンターを訪問。広大な埋立地に設置された各種リサイクル施設を見学しました。

2013/06/09 道休宮崎事務所が事務所開き!

 今夏参院選宮崎選挙区の公認候補予定者・道休誠一郎氏が宮崎市下北方町垣下1-7に「宮崎事務所」を開設しました。6月9日には事務所開きが行われ、関係者による神事の後に開かれた開所式には、200名を超える支援者が参加しました。

 開所式では、総合選対本部の横山節夫本部長(連合宮﨑会長)、田口雄二本部長代行(民主党県連代表)のあいさつに続き、道休誠一郎本人が登壇。道休は「アベノミクスは経済政策のように聞こえるが、小泉改革の焼き直しに過ぎない」と批判、「地域の活力を生み出していくことこそが日本の活力を取り戻すことにつながる」と力説しました。  

 道休誠一郎宮崎事務所は、宮崎市下北方。宮崎神宮北西側の「矢の先交差点」から北上し、山形屋ショッピングセンター平和台様、ホームワイド様の向いです。

6月9日、道休宮崎事務所開所式!!!

  いよいよ6月9日、民主党次期参議院選挙宮崎選挙区公認候補予定者「道休誠一郎宮崎事務所」事務所開きを行います。 場所は、宮崎市下北方町垣下1-7。宮崎神宮北西側角の「矢の先交差点」から北上。山形屋ショッピングプラザ平和台様、ホームワイド様の向いです。当日のお問い合わせは、0985-55-0166まで。 事務所開き式は、6月9日正午からです。ぜひ多くの皆様に道休誠一郎を激励いただきたいと思います。
  

 

【青年局】東京都議選に向け若手候補予定者を支援!

 民主党宮崎県連(局長:田上紀長宮崎市議)は6月に実施の東京都議会議員選挙に向け、若手候補者の支援活動を実施しています。

 6月20、21日の両日は、渡辺創県連幹事長(県議)と県連スタッフが東京都目黒区に入り、立候補予定者である伊藤悠都議(36歳・2期)の活動に加わりました。

 宮崎県連青年局は今後も党本部青年委員会と協力し、若手世代の育成に取り組むとともに、党内の若手が力を合わせることによって党の活性化を図ってまいります。

5月10日開催の全国幹事長会議に参加!

 参院選に向けての取り組みを協議する「全国幹事長・選挙責任者会議」が5月10日、民主党本部で開催されました。

 会議では、全国の候補者擁立状況やマニフェストの作成状況などについて報告があり、今後の選挙に向けた活動の展開などについて活発な議論が交わされました。

 宮崎県連からは、渡辺創幹事長(県議・宮崎市選挙区)=幹事長枠=と田口雄二代表(延岡市選挙区)=選挙責任者枠=が出席し、宮崎の状況を踏まえたうえで発言し、党本部の方針を質しました。

【地方議員フォーラム】5月9、10日の全国自治体議員フォーラムに7議員が参加!

 民主党地方自治体議員フォーラム全国総会が5月9日、10日の両日、東京都内のホテルで開催されました。同フォーラムは民主党所属もしくは民主党と友好関係にある地方議員で構成する組織で、全国で約2500名の地方議員が所属しており、全国、各ブロック(宮崎県連は沖縄・九州ブロック)、各都道府県のそれぞれの単位で様々な政策研修活動を行っています。

 全国総会は年に一度の合同研修会を兼ねており、今回は北海道大学の山口二郎教授、同志社大学の浜矩子教授のほか、民主党本部の桜井充政調会長、細野豪志幹事長などが講師を務めました。

 宮崎県連からは、田口雄二県連代表、渡辺創幹事長(ともに県議)、宮崎市議の黒川正信、郡司敏計、田上紀長の3氏、富井寿一日向市議、岩佐祐一門川町議が参加しました。

 現在、同フォーラムの沖縄・九州ブロック世話人を宮崎県連の渡辺幹事長が務めています。

海江田代表が日之影町で街頭演説!

 民主党本部の海江田万里代表が5月4日、熊本空港から南阿蘇、高森を経て、宮崎県入りしました。

 4日午後は、日之影町で行っていた「道休誠一郎街頭演説会」に応援弁士として参加しました。経済情勢、格差是正、憲法問題などに言及。参院選に向けて全力で取り組む覚悟を表明しました。

 演説会の最後は、お集まりいただいた皆さんとともに、夏の決戦を勝ち抜くために頑張ろう三唱を行いました。

 今回の来県は参院選に向けた全国1人区行脚の第一弾。そのため、演説の後には多くの報道陣に囲まれてのインタビューも行われ、にぎやかな街頭演説になりました。

 海江田代表が先頭に立ち、多くの皆さんのお話しに耳を傾ける「靴底減らし運動」を実行中です。