岡田副総理を招いての街頭演説会を開催します!

 民主党宮崎県連は9月9日、岡田克也副総理(党最高顧問)を招いての街頭演説会を開催します。当日は、12:20から延岡市の中央通交差点、14:30から宮崎市の山形屋前交差点です。約50分間の予定です。ぜひお越しください。
 問い合わせは、民主党宮崎県連(TEL 0985-55-0211)まで。

 

ヒアリングを開催(陳情対応・日南市議会)

民主党宮崎県連・陳情要請対応本部(本部長・川村秀三郎衆院議員)は7月25日、県連事務所で日南市議会地域振興対策調査特別委員会(委員長・井上進市議)からの陳情要請ヒアリングを開催し、特別委員会委員に加え、甲斐登日南市議会副議長、日南市関係者との意見交換を行いました。
ヒアリング風景

特別委員会側からは、①国道220号防災対策②東九州自動車道の早期整備③油津港の港湾整備につていの要請が寄せられ、それに対し、渡辺創幹事長代理(県議・宮崎市選挙区)は、民主党の公共事業に対する考え方やミッシングリンク解消に向けた道路整備の現状を説明。あわせて、病院と市民、集落をつなぐような「命の道」は当然、必要でありと今後も協力して党本部、政府への働きかけを強化するとの認識を示しました。
意見交換

ヒアリングを開催

民主党宮崎県連・陳情要請対応本部(本部長・川村秀三郎衆院議員)は7月20日、県連事務所で都城市志布志道路建設促進協議会(会長・長峯誠都城市長)からの陳情要請ヒアリングを開催しました。
ヒアリング風景

協議会を構成する都城市、鹿児島県曽於市、志布志市の各市長、各市議会議長などの参加者との意見交換を行いました。
意見交換
対応本部の田口雄二事務局長(県議・延岡市選挙区)は、「地域高規格道路・都城志布志道路の早期完成は、宮崎県連の重点政策項目である。地域への波及効果、社会資本整備が大きく立ち遅れている宮崎・鹿児島両県民に早期完成に寄せる強い思いがあることも十分理解している。」と今後も協力して党本部、政府への働きかけを強化するとの認識を示しました。

民主党宮崎県連青年局定例街頭演説(2012年7月14日)

民主党宮崎県連青年局(青年局長・田上紀長宮崎市議)は、7月14日、延岡市にて街頭演説を行いました。

道休誠一郎衆議院議員は平成25年に延岡~宮崎間が供用開始予定である東九州自動車道など宮崎県にとって念願であった高速道路の早期開通など民主党政権の成果を伝えた。
田口雄二宮崎県議も民主党政権の成果として、4月17日に運航開始したドクターヘリの実現は地域医療再生につけた予算によるものであると述べ、医療環境が厳しい県北部にとって大きな期待と訴えた。
田上宮崎市議は昨年に続いて行う、夏の県内遊説キャラバンについて青年局の取り組みなどを紹介した。

民主党宮崎県連青年局定例街頭演説(2012年5月12日)

民主党宮崎県連青年局(青年局長・田上紀長宮崎市議)は、5月12日、延岡市・門川町・日向市にて街頭演説を行いました。

街頭では、道休誠一郎衆議院議員が国会での状況が厳しい状況の中でも社会保障と税の一体改革関連法案をはじめとする課題についてしっかり進めていくことを通行人に訴え理解を求めた。田上紀長(宮崎市議)、富井寿一(日向市議)、岩佐祐一(門川町義)もそれぞれマイクを握り思いを訴えた。
また、青年局長が渡辺創宮崎県議から田上紀長宮崎市議にバトンタッチし、新しい青年局体制での出発となった。

県連大会を開催

民主党宮崎県総支部連合会(代表・川村秀三郎衆院議員)は4月8日、宮崎市の宮崎観光ホテルで2012年度の県連大会を開催しました。
川村代表挨拶

大会には、河野俊嗣県知事、横山節夫連合宮崎会長をはじめ、来賓、代議員140人が出席。
大会で挨拶した川村秀三郎代表は「与党としての真価が問われる年になる。選挙態勢の構築も進める」と組織強化に取り組む意向を示しました。
議案提案は、田口雄二幹事長(県議・延岡市選挙区)が行い、今年度から取り組む県連ACTIONプロジェクトの基本的な考え方を示した活動方針や役員人事が承認されました。大会風景

大会終了後は懇親会を開催。役員と代議員が交流を深め、富井寿一青年局副局長(日向市議)の「がんばろう三唱」で締め括りました。

民主党宮崎県連青年局定例街頭演説(2012年3月10日)

民主党宮崎県連青年局(青年局長・渡辺創宮崎県議)は、3月10日、延岡市内5ヶ所にて街頭演説を行いました。

2月から本格始動した民主党宮崎県連青年局の新しい取り組みである、「ACTION!2012」。とりあえず行動をして行こう!という思いから動き出した取り組みです。街頭では、道休誠一郎衆議院議員・田口雄二(延岡市選出 宮崎県議)・本部仁俊(延岡市議)・田上紀長(宮崎市議)がマイクを握り、それぞれの立場から報告を行いました。