県連大会を開催

民主党宮崎県総支部連合会(代表・川村秀三郎衆院議員)は4月8日、宮崎市の宮崎観光ホテルで2012年度の県連大会を開催しました。
川村代表挨拶

大会には、河野俊嗣県知事、横山節夫連合宮崎会長をはじめ、来賓、代議員140人が出席。
大会で挨拶した川村秀三郎代表は「与党としての真価が問われる年になる。選挙態勢の構築も進める」と組織強化に取り組む意向を示しました。
議案提案は、田口雄二幹事長(県議・延岡市選挙区)が行い、今年度から取り組む県連ACTIONプロジェクトの基本的な考え方を示した活動方針や役員人事が承認されました。大会風景

大会終了後は懇親会を開催。役員と代議員が交流を深め、富井寿一青年局副局長(日向市議)の「がんばろう三唱」で締め括りました。