今夏参院選に、道休誠一郎氏の擁立を決定!!!

 民主党宮崎県総支部連合会は、今夏の参院選に向けて道休誠一郎氏の擁立を決定しました。 道休氏は、前衆議院議員で(九州比例ブロック)で60歳。これまでは宮崎2区を中心に活動を展開してきましたが、今回は全県区での挑戦です。

 出身は宮崎市橘通。県立宮崎南高校から、上智大学外国語学部、米コロンビア大学大学院(国際関係学修士課程)に進学・卒業。シティバンクや野村證券で国際金融での経験を積み、国際協力機関(JICA)の長期専門家としてインドネシア財務省などでも仕事をしてきました。

 民主党宮崎県連は、全力で道休氏をバックアップし、多くの皆様と協力して夏の参院選に臨みます。

馬淵幹事長代理が街頭演説!

  民主党宮崎県連は10日、宮崎市中心部の山形屋前交差点で街頭演説会を開きました。民主党本部から応援に来た馬淵澄夫幹事長代理は新しい党綱領、党改革創生の取り組みを説明したうえで「(衆院選後の状況は)再生という言葉でどうにかなる程度ではない。新しく創り出す覚悟で創生に全力を注ぐ」と決意を述べました。

 街頭演説会には、12月の衆院選で惜敗した川村秀三郎、道休誠一郎両氏も参加。再起をかける思いを訴えました。

馬淵幹事長代理が来県し、意見交換

 民主党本部幹事長代理の馬淵澄夫衆議院議員が3月10日、宮崎県入りしました。党幹部が分担し、全国を回る地方行脚の一環で、宮崎県連幹事会のほか連合宮崎役員の皆様と、新民主党綱領や今後の改革創生の方向性などについて意見交換しました。

意見交換に先立ち、馬淵幹事長代理は宮崎大学で研究が進むビームダウン式太陽光集光装置の関連施設を視察。宮崎大学工学部長や宮崎県担当課と新エネルギー施策や大学改革などについて意見交換しました。宮崎県連からも田口雄二代表のほか多くの役員が同行しました。

 

馬淵幹事長代理が来県!3月10日に街頭演説!

 民主党本部で幹事長代理を務める馬淵澄夫衆議院議員が3月10日、宮崎入りします。党幹部が手分けして全国を訪問する地方行脚の一環です。

 10日午後1時からは宮崎市中心部の山形屋前交差点で街頭演説を行います。国会論戦でも活躍し、党再生に向けて重要な役割を果たしている馬淵氏の話をぜひお聴きください。